名古屋工業大学 ナノテクノロジープラットフォーム分子・物質合成プラットフォーム スマートマテリアル創成支援

文字サイズ変更

申込方法

ホーム > 申込方法

申込方法

共用設備利用手順

① 事前確認

まずは、実験・測定が可能かどうか、【総合窓口担当】にお問い合わせください。

② 申請

実験・測定が可能と判断されましたら、【実施担当者】から利用登録申請書が送付されます。これを作成して、【実施担当者】にお申し込みください。

③ 審査

申請内容をもとに、本事業での適用の可否を審査します。

④利用料金

本事業での適用が可能と判断されましたら、「受託試験制度」による利用料金の支払い手続きを行います。【実施担当者】と相談の上、受託試験申請書を作成し、本学 研究支援課に郵送(注1)でお申し込みください。その後、本学から請求書が送られて参りますので、支払い手続きをお願いします。

⑤ 設備利用

【実施担当者】と相談の上、施設を利用します。

⑥ 報告

利用後、利用者には成果報告書、アンケートを提出していただきます。

⑦ 成果公開

利用者は成果が上がったものは、学会や論文、特許出願として公表していただきます。

(注1)受託試験申請書の郵送先:〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町 名古屋工業大学 研究支援課

成果公開の猶予について

特許申請等の理由で利用者が公開の延期を希望する場合は、成果の公開を最大2年間延期できます。

また、無期限で成果を公開しなくてもよい成果非公開型(自主事業)のご利用も可能です。この場合の料金は高く設定されています。詳細は、【実施担当者】とご相談下さい。

論文等における謝辞の明記について

本事業を利用した成果報告(論文等)では、下記のような謝辞を付記されるようお願いいたします。

[和文]
本研究の一部は文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業(分子・物質合成)の支援により名古屋工業大学で実施された。

[英文]
A part of this work was conducted in Nagoya Institute of Technology, supported by Nanotechnology Platform Program (Molecule and Material Synthesis) of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.

This work was partly supported by Nanotechnology Platform Program (Molecule and Material Synthesis) of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.

利用形態

共同研究

データの解析や学術的な議論を含めて共同で行います。

設備利用

設備の使用は利用者が行い、データの解析や学術的な議論は利用者が独自に行います。

技術代行

実験・測定の設備利用を【実施担当者】に依頼して行います。

技術相談

【実施担当者】等と実験・測定について検討します。

ページの先頭へもどる