名古屋工業大学 ナノテクノロジープラットフォーム分子・物質合成プラットフォーム スマートマテリアル創成支援

文字サイズ変更

メスバウアー分光支援

ホーム > 支援一覧 > メスバウアー分光支援

メスバウアー分光支援

支援概要

メスバウアー分光法(原子核によるガンマ線共鳴吸収分光法)を通じて、ナノスケールの微粒子、析出物、薄膜などの局所物性評価を行い、分子物質合成を支援します。

メスバウアー分光法を用いると、磁性体中の原子核に誘起されている内部磁場の大きさと方向を調べることができ、通常の磁化測定で得られる平均情報としての磁化値とは異なる、局所的な磁性情報を得ることができます。また、固体の結晶対称性に関する局所情報や原子価に関する局所情報を得ることもできます。特に、他の実験手段では難しいSnの原子価同定に有効で、含Snガラス中のナノスケール析出物の研究などへの応用が考えられます。

当支援では、57Fe核または119Sn核を含む試料のメスバウアースペクトル(ガンマ線共鳴吸収スペクトル)の測定が可能です。通常の透過法での測定のほか、薄膜試料用の内部転換電子検出法での測定も可能です。周辺機器として、低温測定用のクライオスタットや磁場中測定用のマグネットも配備されています。スペクトルの解析に関する相談にもきめ細かく応じます。

また、薄膜物質合成関連支援として、超高真空交互蒸着装置の提供を行い、必要に応じてメスバウアープローブ核を局所的に濃縮した薄膜試料を合成します。磁性関連物質に関しては、局所的な情報と相補的なグローバルな磁化情報を得るため、高感度SQUID磁化測定装置によるコンベンショナルな磁化測定支援を行います。

メスバウアー分光支援

担当者

メスバウアー分光法を通じて、ナノスケールの微粒子、析出物、薄膜などの局所物性評価を行い、分子物質合成を支援します。また、薄膜物質合成関連支援として超高真空交互蒸着装置の提供を行い、必要に応じてメスバウアープローブ核を局所的に濃縮した薄膜試料を合成します。磁性関連物質に関しては、局所的な情報と相補的なグローバルな磁化情報を得るため、高感度SQUID磁化測定装置によるコンベンショナルな磁化測定支援を行います。

田中雅章(助教)

使用装置

ページの先頭へもどる